HOME > 作業机の特徴

今までの作業机は

従来の作業机は、高さが700㎜前後だと思います。700ミリ前後の机で精密作業を行う際に、左記図のように腰に負担がかかり長時間の作業では体と目に負担がかかりました。

小次郎 作業机は

小次郎作業机は、机の高さが900㎜で作られています。高さが900㎜だと目線に近い状態に天板面がきます。腰にも目にも負担がかからず長時間の作業もできますし、目線に近い状態で作業を行えるため、作業効率を大幅に向上することができます。

受け皿用引き出し

小次郎作業机の中央部の引出は、受け皿用引き出しと使用する方が大半です。ヤスリ作業や切削作業などの削りカスの受け皿にもなりますし、精密作業時の部品落下の受け皿にもなります。

スライド板

中央引き出し2段目と3段目の間にスライド板を完備。デザイン画の作成など低い作業も可能にしています。ジュエリー加工では、石留加工時のバイスを置く台として活躍します。
※従来の机は、天板の下にデザイン板があり使い勝手に問題がありました。.

カスガイ埋め込み式が標準装備。

精密加工する際に考えられたすり板とカスガイ。すり板を取り付けられる[カスガイ]の埋め込み式が標準装備。カスガイを使わない時は、カスガイが引っ込むため、天板面をフルに活用できます。




作業机 小次郎印作業机 小次郎印

今までの作業机とは違い、素材と
使いやすさ、デザイン性を考えた
最高級作業机。

トップページトップページ
特徴特徴
種類種類
オプションオプション
特注製作特注製作
組み立て方組み立て方
会社概要会社概要

購入先購入先

作業机 片袖作業机 片袖

作業机 袖なし作業机 袖なし

作業机 両袖作業机 両袖



シーフォース株式会社